脇の黒ずみの正体は何?汚れだと思っている人が意外と多い

脇の黒ずみを“汚れ”だと思って、脇ばかりを念入りに洗ってしまってはいませんか?
実は、脇の黒ずみは汚れ以外のことが原因でできてしまうケースも多く、毎日ゴシゴシと洗っていることが逆効果になってしまっているかもしれません。
脇の黒ずみを気にしてきちんとお手入れをしていたはずが、いつの間にか余計に酷くなっていた……ということにならないよう、脇の黒ずみの正体を知っておきましょう。

まず、脇が黒ずんでしまう原因をいくつか紹介します。
女性で特に多いのは、脇の「ムダ毛処理」によるダメージです。
脱毛サロンに通うのは大変ですし、カミソリや毛抜きを使って自宅で手軽にムダ毛処理を行っている女性は多いと思います。
ですが、このムダ毛処理が脇の肌に大きな負担をかけ、黒ずみを作ってしまうことがあるのです。
また、下着や衣服の擦れが肌への刺激となり、脇が黒ずんでしまうこともあります。
サイズのきついブラジャーを無理に着けていたり、脇の部分が肌にフィットするような服を頻繁に着ていると、衣類の摩擦によって肌がダメージを受けてしまいます。
肌が乾燥しているときは、さらに敏感に刺激を感じてしまうので、より黒ずみができやすくなるでしょう。

黒ずみの正体

脇の黒ずみの正体は、乾燥や摩擦などの刺激によって生成された「メラニン色素」である場合が多いです。
肌が外部からの刺激を受けたとき、自らを守ろうとする防御反応によって「メラノサイト」という細胞の生成が促されます。
このメラノサイトの働きにより、黒ずみの正体とも言える「メラニン色素」が肌に沈着し、黒ずんで見えてしまうようになるのです。
メラニン色素を形成するメラニン細胞は、もともとは肌が刺激を受けたときに体細胞の損傷を防ぐために生成されるものです。
例えば日焼けを例に取ってみると、もしメラニン色素が存在していなければ紫外線が直接肌の奥まで入り込み、酷い炎症や火傷を引き起こしてしまいます。
メラニン色素は私たちの身体を守ってくれる大切なものですが、肌に刺激を与えすぎると黒ずみになってしまうのです。

また、本当に汚れが黒ずみの正体である場合もあります。
脇の毛穴に皮脂やさまざまな汚れが入り込み、取り除くことができないまま酸化して黒ずんでしまった場合です。
脇は、全身の中でも皮脂の分泌量が多い部分ですし、制汗剤の使用で細かい汚れが毛穴の奥に入り込んでしまうこともあります。
普段の入浴だけでは毛穴の奥に入り込んだ汚れを落とすことができず、黒ずみになってしまうのです。

黒ずみができるメカニズム

黒ずみの正体が分かったことで、脇に黒ずみができるメカニズムもなんとなく掴めてきたのではないでしょうか?
メラニン色素の沈着が黒ずみの正体である場合、その原因は「摩擦」や「乾燥」、「紫外線」などの刺激です。
特に女性は、脇のムダ毛処理をするためにカミソリや毛抜きを使用して、肌に大きなダメージを与えてしまうことが多いです。
頻繁にムダ毛処理を行っている人は、脇が黒ずみやすくなってしまう可能性が高いため、ムダ毛処理を行った後のケアまできちんと行いましょう。
また、肌が乾燥していると外部からの刺激を敏感に感じやすくなるので、より黒ずみができやすくなってしまいます。
自宅でムダ毛処理を行った後は保湿ケアを忘れないよう心掛けたり、脇を露出する格好で直接冷房に当たらないよう気を付けたりと、なるべく乾燥肌を避けましょう。
外部からの刺激によって肌がダメージを受けることで、肌を守ろうとメラニン色素の生成が活発になり、黒ずみを作ることにつながります。

また、皮脂汚れや古い角質が毛穴に詰まり、それが酸化して黒ずむこともあります。
スプレータイプの制汗剤などは、毛穴の奥に成分が入り込みやすいものの、普段の入浴だけで洗い落とすことは難しいです。
脇汗や脇のニオイが気になる場合は、シートタイプやクリームタイプの制汗剤を選ぶなど、黒ずみにも配慮したケアができると良いですね。