脇の黒ずみは自分で解消できる!アットベリーできれいな脇に

普段あまり気にすることのない「脇の黒ずみ」ですが、お洒落な服を着るときや水着になるとき、脱毛エステに通うとき、温泉などの公共施設を利用するとき……など、ふとした場面で恥ずかしいと感じてしまった経験はありませんか?
きれいな脇を取り戻したいと思っても、どのようなケアをすれば良いのかがわからず難しいところです。
そこで、脇の黒ずみやニオイに悩む女性たちの間で話題となっている「アットベリー」について調べてみました。
アットベリーは、脇の黒ずみやニオイを解消するための専用クリームとして開発されたものですが、全身のブツブツなどにも効果があると言われています。
脇が黒ずむ原因を改善し、すでに黒ずんでしまった肌をきれいに整えてくれる成分が配合されているので、毎日塗り続けることで黒ずみの悩みが解消されるかもしれません。
アットベリーで黒ずみケアをする大きなメリットは、自宅で簡単に続けられることです。
エステや皮膚科に通う必要がなく、黒ずみが気になる部分にクリームを塗るだけの簡単なケアなので、仕事や家事に追われる毎日でも無理なく続けられそうですね。

脇が黒ずむ原因

脇が黒ずむ原因は、「消耗」と「乾燥」にあると言われています。
例えば、ムダ毛の自己処理です。
脇のムダ毛を処理することは、女性としての最低限のマナーになりつつあり、カミソリや毛抜きを使って自宅でムダ毛処理をする人が増えてきています。
脇のムダ毛がTシャツの袖からはみ出てしまうと恥ずかしいですし、かと言ってムダ毛が生えてくるたびにエステやサロンに通うのは大変です。
自宅で処理するのが一番手軽で簡単なので、肌のダメージが気になりながらもカミソリや毛抜きを使ってしまうのでしょう。
しかし、ムダ毛の自己処理によって与えてしまう肌へのダメージは思っているよりも大きく、デリケートな脇にとっては強い刺激となっています。
ムダ毛処理のダメージを受けた肌には防衛機能が働き、肌を守ろうとして「メラニン」の活動が活発になります。
シミやくすみはメラニンが原因でできるのと同じように、メラニンの活動が活発になることで脇に黒ずみができてしまうのです。
また、脇は意外と乾燥しやすい部分でもあり、ムダ毛処理をした後は特に敏感になっています。
肌が乾燥していると外部からの刺激を受けやすくなるため、そのダメージから肌を守ろうとして角質などが厚くなっていきます。
肌が厚くなることがくすみの原因となるケースもあり、脇の黒ずみを作ることにつながります。

市販の黒ずみ解消クリームの効果

体の気になる黒ずみをケアするための「黒ずみ解消クリーム」は、市販で購入できるものから通販でのみ手に入る限定品まで、さまざまなメーカーから発売されています。
現在、ドラッグストアや薬局などで購入できる市販の黒ずみ解消クリームは、「白ワキ姫」や「ワキレホワイト」「ロゼットゴマージュ」などがあります。
白ワキ姫は、クレイ成分とフルーツ酸によるピーリング効果を得られるクリームで、ヒアルロン酸による保湿効果があります。
化学合成物質配合で天然素材ではないものの、角質層が厚くなってくすんでしまっている肌の黒ずみを改善できます。
皮膚表面の固くなってしまった角質や毛穴に詰まった汚れを取り除けるので、黒ずみを完全に消すことはできなくても、肌がワントーン明るくなることを実感できるでしょう。
また、ワキレホワイトには浸透力の高いビタミンC誘導体が配合されており、メラニンの生成を抑えてくれます。
クエン酸によって固くなった角質も柔らかくなるので、白ワキ姫のようにくすみの原因を剥がせるでしょう。

市販の黒ずみ解消クリームは、そのほとんどが「ピーリング効果」に頼ったものになります。
くすみ・黒ずみを作る原因になっている厚い角質層は改善できますが、ピーリングによる刺激で肌にダメージを与える恐れもあるため、頻繁に使用しての黒ずみケアは難しいかもしれません。

病院でも治療できる?

脇の黒ずみは、病院で治療を受けることが可能です。
自宅ではケアしきれないレベルの黒ずみや、エステに通っても改善できなかった黒ずみは、最終手段として病院で治療してもらうのもひとつの方法です。
保険が適用されないため自費診療となりますが、病院ならきちんと設備が整った環境で黒ずみをケアしてくれますし、万が一肌トラブルが起きた場合もすぐに対処してもらえるので安心です。
脇の黒ずみに対して病院で行っている主な治療は、塗り薬の処方、レーザー治療、ケミカルピーリングの3つです。
脇は全身の皮膚の中でも特にデリケートな部位であるため、強い刺激を与えると黒ずみが悪化してしまいかねません。
そこで、病院では患者さんひとりひとりの黒ずみの程度や状態を細かくチェックしながら、それぞれの肌に合った方法で黒ずみを目立たなくしていくのです。

特に「塗り薬の処方」による黒ずみ治療は、肌への刺激を抑え、地道に黒ずみを解消できるのでどの病院でも行われています。
「ハイドロキノン」と「トレチノイン」が主な塗り薬となっており、メラニン色素の生成を抑えながら皮膚表面の角質を剥がし、新しい皮膚に生まれ変わらせることで症状を改善へと導いていきます。

エステで黒ずみ解消

エステでは美容に効果のあるさまざまな施術を行っており、黒ずみ解消を目指すメニューを取り揃えているエステも多いです。
エステは病院とは違って医療施設ではありませんし、エステティシャンが医師免許を持っているわけでもないので、医療用レーザーなどを使用した黒ずみケアはできません。
しかしながら、「美肌パック」「ピーリング」「イオン導入」などの方法で黒ずみケアを行うエステは多く、病院での治療と比較すると効果は劣る可能性があるものの、自宅でのケアに比べれば短期間での黒ずみ解消が期待できるかもしれません。

エステで行われる黒ずみケアで代表的なものと言えば、やはり「ピーリング」です。
古くなった角質細胞を剥く・剥がす・溶かすなどのケアで、固く分厚くなってしまった角質層を取り除き、黒ずみを目立たなくしていきます。
強力な成分を使うピーリングは医療行為に相当するため、エステでは比較的マイルドな成分でピーリングを行います。
施術に使用されるピーリング剤はエステによって異なり、黒ずみの状態によって効果の出方に違いが出てくることもあるため、エステでの施術によって必ずしも黒ずみが消えるとは言い切れません。
まずはエステで気になる黒ずみの相談をして、自分に合ったケアの方法を教えてもらうと良いでしょう。

自分で簡単に黒ずみ解消法

エステや病院で黒ずみをケアしてもらうのも良いですが、まずは自分で黒ずみケアに挑戦してみましょう。
脇の黒ずみを解消するには、「保湿」をきちんとすることが大切です。
肌が乾燥している状態では、外部からの刺激に一層敏感になっているため、黒ずみがなかなか消えません。
脇まで保湿ケアを行うというのは意外に感じられるかもしれませんが、肌のうるおいを保つことでさまざまなトラブルを防げますし、肌のターンオーバーを促すことにもつながります。

では、脇の保湿ケアにはどのような保湿クリームを使用すれば良いのでしょうか?

脇の黒ずみとニオイを解消するために作られた「アットベリー」は、自宅でも簡単に黒ずみケアができるよう、保湿成分がたっぷり含まれています。
プラセンタやグリチルリチン酸2K、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が含まれており、固く厚くなってしまった角質層でもしっかり浸透して肌をうるおいで満たします。
アットベリーひとつに豊富な有効成分がギュッと詰まっているので、脇に塗るだけの簡単なケアで黒ずみを解消していけます。
脇のニオイに効果的な「桑エキス」や「天然ビタミンE」も含まれているので、黒ずみと一緒に気になるニオイも消してしまえるでしょう。